母の残した着物を高価買取されたらしい

私の着物の思い出は20代の頃、ホステスをしていて、正月とかイベントの時にママから借りてピンク系が似合うと言われて何度も着ていました。なので、義務感、仕事感覚しか思い出はありませんでしたが、未だに当時の着物姿の写真を見たりします。
あの頃は面倒とか、堅苦しいとか、脱ぐのが大変だとかしか無かった思い出でした。

でももう20年経って、改めて着物を着て街を歩きたい。お正月は着物着て初詣に行きたい。とか思う様になりました。
浴衣は実家に沢山あるのですが、着物って手が届かない金額のイメージがありますよね。
地元が京都だったので、安物着てたら分かる人には分かるじゃないですか。

今住んでるところも関西ですが、やはり皆さん京都で着物着て歩きたい!って願望はあるようで。私は京都じゃなくても初詣でとかお祝いごととかに着てみたい!結婚式してないので着物着て旦那も着物で写真撮りたいですね。
当時は着物イコールママというイメージがありました。

おばあちゃんも常に着物を着ていましたね。
母も着物何着か持ってたのですが、父型の従兄弟に亡くなった時に取られた悲しい思い出があります。どうやら高価で買取してもらえたみたいです。神戸市の着物の高価買取業者をみつけたみたい。
本当は母の着てた着物着てみたかったのですが。仕事で仕方なく着るのではなく、この歳になると着物へのイメージも変わっていきますよね。今着たらどんなふうになるんだろう。

似合うのかな?貫禄出ちゃうかな?
あの頃は着せられてる感満載でしたが、今は着物を着てる!となるに違いない。
着物、実家にもうないかな。
ちょっと連絡してみたいと思っています。
着物かぁ。
やはり興味持ち始めるのって40歳過ぎてからですよね。
着付け教室なんて行ったりして。
高そうだなぁ。

でも着せて貰うより自分で着たい。
旦那との写真の時は着せて貰いますけどね。
あの頃と今の自分の着物姿を見比べたいです。
まずは旦那との写真からですね。
きっと赤とか派手なのになるかもですが。
義務感たっぷりの着物へのイメージチェンジですね。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です